コンタクトを通販で買う前の準備

コンタクトを通販で買う前の準備

コンタクトを通販で買おうと思っている方に、そのための準備が必要です。ここでご紹介します。

眼科医から処方箋をもらう

国内のコンタクト通販を利用するとき、眼科医の処方箋が必要となることがあります。
理由は、コンタクトは高度管理医療機器として認定されているためです。
しかし、2005年4月から施行された改正薬事法によると、コンタクトの販売店が医療機器の販売許可をもっていれば、特に処方箋なしで販売しても薬事法違反にはならなくなりましたが、国内のコンタクトメーカーの指導などにより、眼科医の処方箋の提出が必要な場合が多くあります。

個人輸入の場合

個人輸入するというとなんだか大げさに聞こえますが、要するに、海外旅行のおみやげを日本にもって帰ってくることと同じです。
それが、食べ物などではなく、コンタクトに変わるだけです。
ただ、英語圏のコンタクトですと、当然のごとく取説もすべて英語で書かれていますし、中身は一緒でも商品名が違ったりしますので、個人で海外のサイトから通販で買うとなるとハードルが少し高くなってしまいます。
そこで、個人輸入代行サービスなどを利用するという手があります。

なぜ個人輸入のコンタクトは安いのか

いざ、コンタクトを通販で買おうと思って、インターネットサイトなどを見てみると、個人輸入代行のサイトが一番安いということに気がつくと思います。
もちろん一流メーカー製のもので、決して粗悪品ではありません。
ではなぜ安いのが?という疑問があると思いますが、店舗を持たず、従業員も自分一人でやっている、というようなところが多いからなのです。
すなわち、必要経費そのものが、ほとんどかかっていないのです。
大量の在庫を抱えるわけでもなく、店舗を維持することもないので、必要最低限に収まっているからです。