コンタクトとメガネ

コンタクトとメガネ

コンタクトとメガネ。あなたならどちらを選びますか?それぞれのメリット・デメリットを挙げてみました。

メガネのメリット

メガネのメリットは、コンタクトのように眼球に直接レンズをつけるわけではありませんので、目に優しいと言えます。
ソフトコンタクトの場合、異物感があまり無い、と言っても目に対しては異物を乗せるのですから、さまざまな目のトラブルの原因になることは否めません。
その点、メガネならば度数に変化がなければ、買い換える必要もありませんし、メンテナンスもレンズ用のクロスで拭くだけですから、コンタクトとは比較にならないほど簡単ですよね。

コンタクトのメリット

コンタクトの一番のメリットは、顔の印象が変わらないことではないでしょうか。
メガの場合、どんなに似合っていても、どうしてもメガネを外したときとの差が出てしまいます。
また、サッカーのような激しいスポーツには全く向いていません。
さらに、メガネの場合、冬場に電車やバスに乗ると曇ってしまうことが多々あります。
筆者も眼鏡をかけていますが、目の前が真っ白になって、とても怖い思いをすることがあります。
しかし、コンタクトならば、温度差で曇ることもありませんし、スポーツも思う存分楽しむことができます。

シチュエーションに合わせて併用する

コンタクトもメガネも一長一短ありますが、シチュエーションに合わせて両方を使い分ける、という手もあります。
一般的にコンタクトの長時間の装用は、眼球の負担になりますので、例えば、職場ではコンタクト、家に帰ってきたらメガネにする、など仕事とプライベートという2つのシチュエーションで使い分けるのはどうでしょうか。
そのほうが目にも優しいですし、気分も変わってくると思います。